読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXでこつこつ貯めて旅に出る

FXは資産運用!という事でコツコツとお金を増やしています。FXで貯めたお金を使って景気良く旅行へ!

Tway(LCC)で韓国旅行。安いけどいろいろ不便・・・韓国編1

日本から最も近く、安く行けるのが韓国。時には往復航空券が1万円を切ることもあるらしい。(僕は未だに出会った事がない。)それは極端な例としても、2万円以内で行ける事が良くあるので、東京〜大阪間を新幹線で移動するよりも安かったりする。

f:id:TKmash_mm:20161108205747j:image

チェックインカウンターと搭乗口

今回僕が使ったのは、Twayという航空会社。成田空港から乗ったけど、Twayは第2ターミナル。ご存知の通り、ほとんどのLCCは第3ターミナルだからちょっと得した気分になる。第2の方が食事出来るところも多いし、移動距離も短くてすむからね。

ただし、これから行く人のために伝えておく。Twayは何もかもが端っこ。チェックインカウンターは、空港の外方面にあってちょっとした疎外感を受ける。それから搭乗口もちょっと離れていて、搭乗口から飛行機もバスに乗って移動。値段には変えられないからそこは我慢するとしても、移動やチェックインにやたら時間がかかるから、慣れていない人は余分に時間を見ておいた方が良い。

日本側もかなり不憫な扱いだけど、仁川国際空港(韓国側)も同様で、搭乗口がやたら遠い場所にある。韓国の搭乗口は大きく分けて2箇所あって、1箇所はチェックインカウンターと同じ建物。もう1箇所は、その建物から電車に乗って移動する。

f:id:TKmash_mm:20161108211858j:image

お察しの通り、Twayは後者。電車に乗っている時間は体感5分程度で短いけど、大勢が一気に乗ってくるおかげで入国審査も混んでしまう。

復路の便は特に時間がかかって、2時間前に空港到着で考えていると、搭乗口に着くのはほとんど集合時間と同じ位になってしまうと思う。僕は集合時間ギリギリまでどこかで時間を潰しておくのが好みなので、かなり焦ってしまった。

機内のあれこれ

これが僕が座った席から撮った写真。往復ともにかなり混雑していた。空いている席はほぼゼロ。ちなみに女性率がめちゃめちゃ高い。化粧品を求めていくのだろうか?座席の作りは小柄な方であればストレスを感じないかもしれないが、身長172センチのスマートな僕が乗ってこれだから大柄な人はだいぶ辛いと思う。

その他サービス

機内の中をもう少し説明すると、無料で提供してくれるのは、紙コップに入った水だけ。他のものはお金を払えば当然提供してくれる。あとは簡単な食事であれば機内に持ち込んで食べるのも良い。韓国に行く程度であれば、3時間も我慢すればついてしまうからここら辺のサービスは特に気にならない。

値段以外で1つだけ良いところを挙げると、預け入れ荷物は一個まで無料。割とたくさんお土産を買う僕としてはこれはかなり嬉しい。特に韓国で有名(?)なファイスパックなどの化粧品は水分に含まれるため、機内持ち込みが制限されている。これは大いに活用するべきだと思う。

まとめ

というほどのものでもないけれど、簡単に。まず不便さはある程度覚悟していくべき。LCCという時点でサービスとか使い勝手は全く出来ないものだから当然といえば当然。ちなみに今回の韓国旅行は往復航空券で17000円。割と直前に取ったにも関わらずこれはまぁまぁ安いと思う。

極端な話、韓国程度であれば椅子無しで5000円であっても行く人はいるんじゃないかな。つまり安かろう悪かろうで満足せいということだ。