読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXでこつこつ貯めて旅に出る

FXは資産運用!という事でコツコツとお金を増やしています。FXで貯めたお金を使って景気良く旅行へ!

セブンラックカジノをぶっ潰せ!・・・韓国編3

ちょっと前に魅力を紹介した韓国旅行。ただ、今回の目的はカジノ。2泊3日の短い滞在時間にトータル15時間以上はカジノに入り浸ってました。みなさんカジノ興味あります?スゲー楽しいですよ。

こんな人にカジノはオススメです。

  • 金が余りすぎて困っている人
  • 人生一発逆転狙ってみたい人
  • ラスベガスをぶっ潰せを見て影響を受けた人
  • 根拠はないけど、勝てる自身がある人
  • ハラハラドキドキしてみたい人
  • 自分が頭が良いと自覚がある人

逆にこんな人はやめておきましょう。

  • ギャンブルをしていてすぐ熱くなる人
  • 金に全く余裕が無い人
  • 心臓が弱い人
  • 自分がバカだという自覚がある人

f:id:TKmash_mm:20161125092817j:image

熱くなる人はやめましょう

これ重要なポイント。パチンコでもスロットでも競馬でもちょっと負けが続くと熱くなる人っているじゃないですか。そうゆう人は行かない方が良いです。クレジットカードも使えますし、熱くなったら10万円負けるなんて簡単ですから。それと知らない人が熱くなっているのを見ると見苦しいです。だったらやめりゃ良いじゃん、って周りから白い目で見られている事を自覚しましょう。さて、本題です。

実はそんなに負けないんですよ。

カジノってものすごく大勝ちしたり、逆に大負けしたりってイメージが一般的にあるとおもうのですが、確率的に言って、普通にやれば極端な収支にはならないんです。賭け事には「控除率」っていうものが存在しています。これに関しての詳しい説明は省きますが、競馬でもパチンコでもカジノでもこれを知らずにやる人はちょっと頭が弱いです。

 ペイアウト率とは? - オンラインカジノ初心者講座

 当然ですが、プレイヤー側は少しずつ負けていく計算ですね。これ見てやめようかなって思った人は至極当然の意見なのでこれ以上何も言いません。

本当は、別のサイトのリンクを貼ろうと思ったのですが、何度やっても上手くいかないので上記のサイトを貼りました。「カジノ控除率」とかって検索するともっと色々出てきます。

ブラックジャックをやろう

多分なんとなくみなさんルールを知っているはずのブラックジャック。ディーラー対プレイヤーでカードを引いていき、21に近い方が勝利です。割と単純なゲームですが、僕はカジノに行くならブラックジャックをオススメします。理由を紹介していきましょう。

楽しいんです

やってみてください。ブラックジャックすごく楽しいんですよ。ディーラーがバーストした瞬間とか知らないプレイヤー通しでハイタッチするなんて事もあります。盛り上がりますよー。それからまぁまぁ頭を使うので、やっている感がすごく強い。僕みたいに賢い方たちはハマっちゃいますよ。

控除率が良い

カジノにも数ある遊びがあって、その中でも控除率が最も良いのがブラックジャックです。つまり1番負けにくい。行ったら絶対に長時間カジノにいる事になります。実際にそうなった僕が言うんだから間違いないです。どうせやるなら、負けにくいところに行くべきでしょう。

ブラックジャックをやる前に

もしもブラックジャックのルールを全く知らなければググって少しお勉強しましょう。次に、ベーシックストラテジーを勉強しましょう。ブラックジャックをやるにはこれを知らずには出来ません。初めから完璧に覚えるのは難しいので、基本的な部分だけでもOKです。見てもらうとだいたいルールがわかってきます。

�u���b�N�W���b�N�̃x�[�V�b�N�X�g���e�W�[�i���{�헪�j - �}�\�����p�@�I�����C���J�W�m�O���U���^Blackjack�^Basic Strategy�^�U���@�^�K���@�^���Z

ハードハンド(やっている内7割はここに当てはまる)の時は、自分の合計が17以上は全てステイ。それ以下の時には、ディーラーの見せカードが6以下か7以上を境目にして、ヒットかスタンドか別れています。まずはそうゆう大枠の基本を覚えてから、少しずつ記憶する部分を増やしていくとかなり覚えやすくなります。

ちなみに全て記憶しなくても、プレイ中に印刷したベーシックストラテジーを見てもOKです。僕も常に机に置いてプレイしています。携帯は使用禁止なので、必ず印刷しておきましょう。

それと携帯アプリでブラックジャックが遊べるものがあるので、ちょっとやってみて下さい。軽くプレイしているイメージが湧けばそれでOK。ここまでくれば控除率99.7%の仲間入りです。

カウンティングは自己責任で

もしもあなたが、カジノで儲けようとしているのであればカウンティングというものを知っておいて下さい。ただし、カジノ側はカウンティングを禁止しているので、あくまで自己責任で、、となります。やり方については、以下のサイトに説明を譲ります。

ラスベガス大全 カジノ徹底解説

カジノに行ってから急に思いたってなんとなくカウンティングをしてみましたが、割と出来るものです。もちろん本格的にはやっていないですが、カウント良くなってきたなーって思ったら、掛け金を少し上げてみたりとかその程度。何が言いたいかというと、誰でも出来るという事です。

カジノは楽しむ事が大切です

ブラックジャックへの思い入れが強すぎたためか、ずいぶんと詳しく説明していましましたが、1番大切なことは、負けても良いという思い切りの良さです。カウンティングとかちょっとでもやり始めると会話が一切出来なくなってしまいます。せっかく友達と旅行に来ているはずが、会話出来ないなんて楽しむも何もありませんからね。

僕の場合は、10万円ほど負けても良いお金を作ってから望んだので、基本的なスタンスは負けても良いやーくらいの気持ちでした。それくらいの方が無料で飲めるビールを味わいながら、ゆるゆるとカジノを楽しむ事ができます。負けた時も笑顔で帰れますし。

まぁ人それぞれですが。ハマる人は本気でハマると思いますよ。僕ですか?ハマったかどうかは分かりませんが、次の韓国行きのチケットを探しているところですよ。