読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXでこつこつ貯めて旅に出る

FXは資産運用!という事でコツコツとお金を増やしています。FXで貯めたお金を使って景気良く旅行へ!

「FX収支記録」2016年12月、年末が忙しいサラリーマンの葛藤

FX記録

あけてました!おめでとうございます。新年明けてからもこんなに時間が経ち、やっと記事をアップしている僕ですが、どうぞよろしくお願いします。多分、今年からいっぱい記事作れるように頑張ります。

まずは、先月の振り返りからしていきます。12月は超絶に本職の仕事が忙しくて、正直ほとんどFX出来なかった。出張2回で土日もかなり潰れたし、、残業が長くなってくると設定を見る時間すら惜しくなってくる。

つまり言い訳から入るという事は、全然稼げなかった12月。こうゆう月こそしっかりと振り返るべきだと思う。まずは収支から。

設定
・通貨ペア:AUD/JPY
・Lot数 :2000通貨〜3000通貨
・手法 : IF-DONE
・詳細 : 買→売,売→買ともに250Pipsで利確

先月に引き続き、500Pipsから1000Pipsも狙いました。一定の方向性を持った相場であれば、やっぱり広めの方がやりやすいです。

◆成績
・始めた時の金額:¥ 989,765
・決済した回数:8回 (買→売:5回 / 売→買:3回)
・稼いだ金額 :¥ 7,564
・残高 :¥ 997,329

100万円まであと一歩届かず!惜しい。そもそも稼いだ金額が1万円に届かないのは、かなりまずい。先月までの感触からいくと3万円前後は硬いはずだから、1/3も稼げていない。

2016年12月の振り返り

まずはチャートを確認。

f:id:TKmash_mm:20170104184202p:image

12/15を境目に綺麗な山形になっているのがわかる。僕の手法の場合、レンジ相場に強く、反対に一定方向に動いている時には仕掛けが引っかからずに空振りが多くなる。(先月も同じこと言っていた気がする。)

特に忙しさを言い訳にチャートをまめに確認出来ない時は、全然違うところにある仕掛けをほったらかしにして、バットを振る事が出来ない。ふと気がついた僕は、忙しいながらも指値ではなく、成行で売り注文を入れて、広めに指値を入れる事でなんとか稼ぐ事が出来た。

それから、自分がしている注文をもう少しマメにチェックしておく必要性を感じた。今月は典型的な例で、山形のトップから下がり続けている時に、今までに注文していた残りが引っかかってしまい、思った以上にポジションの数が多くなってしまった。(僕は損切りしない。)ここに関しては、あらかじめ期限を決めておくか、マメにチェックすればOKだと思う。一応、良かったところと悪かったところをまとめておく。

今月の良かったところ

  • 指値ではなく、成行でポジションを持つ
  • 一定方向に動いている時は、決済を広めで取引

今月の悪かったところ

  • 注文のキャンセルをしていない
  • 相場についていけていない

自動取引ツールに関して

実は、月末にインヴァストで口座開設をしてみた。

理由はいたって単純。やっぱ手間がかからないのが1番嬉しい。なおかつ、僕より優秀に稼いでくれるはず。当初FXを始めた時は、僕が確立している手法以外に手を出さないつもりでいた。ただし、このままでいくと、FXだけで食べていけるようになるまで数年がかかってしまう。

自動売買に手を出す事で、もちろんリスクは多少上がるが、自動売買ツールにはある程度信頼がおけるはず。まずは様子見でFXに使っている資金が約100万円だから半分ずつに分けての運用をしたいと思う。多分ものすごく優秀なツールだとしても100万円以上の運用はしないと思う。要経過観察ですね。